リアル虫地獄・最終章

いやはや、まさか・・・・・
このアパート、もう二十年近く住んでいますが、今まで見た事ないサイズのGと遭遇しました。
深夜のトイレ(ユニットバス)でばったりと。
一瞬にして、お互いに凍りつきましたよ。
「ああ、失礼、ご使用中でしたか!」とか言ってすぐに退散したかったのですが、同じ部屋に同居している限り、心の平安は得られない訳でして・・・・・
そっとトイレを出て、スプレータイプの台所洗剤と無料配布の地方情報誌を丸めて作った棍棒を装備。
激しいバトルの末、何とか勝利する事ができました!
もう良い歳こいて「うへぇっ!?」「ひやぁっ!」とか、変な悲鳴を連発してしまいましたね。
何で奴らはあれだけ小さいナリしながらも、あんなに強気にこっちに向かってくるのでしょうか?
また、こちらとしても、なぜ飛んでくる羽虫ごときをあんなに恐れてしまうのか分かりません。
何か本能的な恐怖が遺伝子に組み込まれているのかも知れませんね。
太古の昔、我等の先祖は恐ろしい殺傷力を持った羽虫に苦しめられていたのかも?
いずれにしても、ラスボスらしき敵は退治できたので、今回のリアル虫地獄もようやく終わりそうです。
めでたし、めでたし!

リアル虫地獄

先月の中ごろ辺りから、室内で度々小さな虫を見かけるようになりました。
茶色で光沢があってスリムなデザイン、そして結構硬いんですよね。
ネットで調べたところ、コクヌストモドキという奴らしいです。
直接大きな害がある訳ではありませんが、この気味の悪い同居人の出現に毎度神経をすり減らしておりますw

それにしても・・・・・
早いもので今年ももう七月、半年が過ぎちゃいました!
つまりそれだけ年を取り、それだけ寿命が縮まったという事なんですよね。
時の流れとは、虫以上に恐ろしいです!

むしじごくへん!

昨日午後から新作「百鬼夜姦 蟲地獄編」が、DLSiteさんで販売開始となっています!
早速、買って下さった皆様、ありがとうございます!
「蟲姦」という事で、いつもよりちょっとゲテモノ臭が強いですが、楽しんでいただければ何よりです!
本日からDMMさんの方でも販売が始まっております。
興味のある方はこちらからどうぞ~!
 百鬼夜姦 蟲地獄編

あと、ちょっとした裏設定などを。
今回登場する大百足ですが、眉間の辺りに傷跡を描いているのに気付かれたでしょうか。
これは三上山の大百足退治という伝説がありまして、その中でこの大百足さんは弓矢で額を射抜かれて退治されちゃっているんですよ。
その際に付いた傷、という事であえて描いています。
本当は作品同梱のテキストファイルに記述つもりだったのですが、忘れてましたのでこちらで吐き出させて頂きました!
それでは~!

作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog