110729chunri5

・春麗のお尻に群がる子供達
・春麗の腰布を縛り脚に群がる子供達
レオタード丸出しで街を走る春麗
の続きです。
子供達「喉が渇いたからコンビニでジュース買って!」
春麗「え!?この格好でコンビニに!?」
子供達「その格好は恥ずかしくないって春麗おねえちゃんが言ってたから大丈夫でしょ?」
春麗「うぅ(さっき走ってたせいで前とか凄く食い込んで形が丸わかりだけど
直すのも恥ずかしい。でも今更恥ずかしいとは言えないし・・・
それに何故だか分からないけど興奮してあそこにシミが出来てるかも
しれないけど確認するわけにもいかないし・・・。)わ、分かったわ・・」
春麗の想像していた通りすでにタイツにまでイヤらしい液が染み出していた。
時間はお昼時。コンビニは昼食を買いに来た人たちで混み合っていた。
「ひそひそ・・・」「なにあれ?」「いやらしい・・」「すげえぜ!あの尻」
春麗「(うぅ・・みんな見てる・・・でも次やっと会計だわ・・・)」
長いレジの列を待つ子供達は退屈していた。
こんな時、子供達はいらない事ばかり考えつくものだ。
目立つ大きなお尻に子供達がするイタズラと言えば・・・
浣腸だ!ズニュル!!
しかし子供達が指を挿してしまったのはお尻ではなく何と春麗のあそこであった!
すでにイヤらしい液で潤滑になっていたアソコはレオタードとタイツ越し
とは思えない程、大した抵抗もなくニュルリと指を呑み込んでしまった。
やっと長いレジの待ち時間から開放されると安堵の息を飲んでいた
春麗に突然の快感が襲い掛かる!

次:あそこに浣腸をされ失禁してしまった春麗