サークルプロフィール
作品一覧
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

げはぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!

疲れた!!

2週間ぐらいか!?

もうなんつーか、ザーメンの描きかた習得するのにえっっっっらい手間掛ったわ。

アニメ塗り用の講座はないし、いざアニメ塗ってみると微妙だしで
もう結局あっちこっちからやり方集めて丸めて捨てて
結局手探りで自分なりのやり方を作ることになった・・・・

それが、これだ。


効果ok2




それでもザーメンさえ・・・・ザーメンさえエロく描ければ時間の元は取れると信じて。

いや実際、


title
 

これは完全に付着してないし
そもそもザーメンというか液体っぽくない。



RJ106629_img_main



これも

弱冠それっぽさは出たが

ぬるぬる感皆無。


お陰で結果は散々だった(´・ω・`)



てなわけで今回はかなり気合入れてやってみたんだが・・・・・どうだろう。



一応pixivにupってみたが・・・・反応はイマイチなんだよなぁ・・・・。





以下残骸



ザーメン7



ドロッとを意識しすぎて流れてる感じがしない。

あとハンパない時間掛る。



ザーメン実験5


自分なりにアルファベットランダムが画法などを編み出して
アニメ塗りでやってみた。


まあ・・・・悪くはないんだが、いまいち液体感が足りないってのと、

顔射ザーメン描いた際に、アニメ塗りと思いのほか相性悪かったっつーか
技量が足りなかった。

そしてなにより、アホほど時間が掛かる上に、
調子がいい時じゃないと脳内で影のイメージを処理できず
手が止まってしまう。




先々のことを考えるとスピードや手軽さも大切だと思った結果


効果ok2
 

ここに落ち着いた。


これだと影を考えなくて良いので楽だし、半日以内で終る。


第一考のは丸一日。
第二考のは三日ぐらい掛った。(まあ技術開発もかねてだが)
一応手順はメモしたが、
影のつけ方についてはどうしても右脳の調子に左右されるので
いまいち品質が安定しない。


その点、最後のやつはわりとテキトーにやってもそれっぽく見える感じなので
手軽さの点からも割と気に入っている。

(いずれはアニメ塗りでビシッと決めたい欲求はあるが・・・・)


まあそんなこんなでやたらめったらペンタブ使ってるうちに
だいぶペンタブになれてきた節がある。


今までは何をするにも マウスでパス引くのがメインだったからね・・・







 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
最新トラックバック
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog