ということで、無事 『青い狐』をマスターアップさせることができました!!
いやはや、想像以上に時間がかかってしまった。。。

現在、申請中ですが 特に問題がなければ
8月26日(金)に販売になりますので、みなさま チェックをば。

━─━─━─━─━─
と、ここで 今までの苦労とか開発秘話とか書きたいところですが、
それは一旦置いときまして、 ご購入を検討されている方に
ちょこっと知ってもらいたいことがあるのです。 

それは、『碧い狐』の内容と これからについての話です。 
━─━─━─━─━─

過去のブログでもちょこっと書いてますが、『碧い狐』は 元々
「少年編」と「青年編」に分ける予定…
 というか、当初の予定ではそれらも一つにして出す予定でした。

ですが、いざ作成してみると予定よりも大幅に遅れて、さらに『少年編』だけの
リリースになってしまいました。
 
反響面・資金面・体力面など さすがに先行きが不透明すぎますので、
『青年編』の作成は一旦保留することにしました

再開するかどうかは様子を見て判断することにします。


さすがに話の途中でぶった切るということはなく ちゃんと区切りはつけていますが、
これからご購入される方は、このことを踏まえたうえで ご購入を検討して頂きますよう
よろしくお願いします。

(今回パッケージ販売しないのは、コレが一番の原因です)

━─━─━─━─━─ 

で、ここからは言い訳になるのですが…


そもそも どうして3D動画に手を出したかといいますと…

Flashの雲行きが怪しくなり限界を感じていたので
Unityあたりに手を出そうかな~と思っていたのですが…

Unityを扱えるようにするには まず3Dを作れるようにしないと。
 ↓
でも、3Dを習得してからUnityだと次回作はいつになるか
わかったものじゃない。
 ↓
ではまず、3Dで動画作品を作ってみよう!!


という流れで、しばらくニコニコに試作品を投稿したあと
『碧い狐』の作成に踏み切ったというわけです。

まぁ、元々3Dには興味があったので それ自体は楽しく作れたのですが…
『碧い狐』の完成までに丸2年、Blenderの習得を含めると さらに1年…
作品を小出しする方向性で「おにおんている」を畳んで統合したのに…
「むすめいと」よりも時間がかかっているよ…

さすがに資金的年齢的にシャレにならない 次のステップへ進まないといけないので
名残惜しいですが『碧い狐』の今後の制作は一旦保留することにしました。