サンキソフト ブログ in DLsite

こんにちは、サンキソフトです。 音楽好きなリーダーと、その仲間とのチームです。

四方山話

音楽関連のデータと言えば・・・

歌唱力が「あるレベル」では必要なのが、歌のデータ。
きちんと歌のボイトレをしている方が歌っているので、是非とも聴いて下さい。
そして・・・その画像も、キッチリと実績のある方にイラストをお願いしているのです。
なにせ、大切なキャラクター「おふゆ」サマですからね。
という事で、こちらですね。
画像はこちらになります。
酔い姫 ふゆ姫-画像なかなか「アデやかな、お姉さん」ですね・・・
というか、まぁ魔性の、っていうのが正しいのか?
この時の歌のタイトルは「酔い姫 ふゆ姫」です。
もっとも、おふゆさんは、冬場限定ではない事はすでに書いた通り。
夏場のおふゆさんの浴衣姿もすでに公開しています。
そちらの方でのボイスドラマも準備していますので、リリースした際には、よろしくお願いします。
おふゆさんの癒し方・・・夏リリース待ちのイラストはこちらです。
お楽しみに~~~!

ボイスドラマの商品について

ボイスドラマのシナリオに関して、傾向がちゃんとあるのです。
今、制作中の物もその傾向に合わせていますね、ハイ。
粗筋を決める際に「長の一念」というか「チームのポリシー」が反映されます。
余程の理由(企画者、声優の強い希望など)がない限り、
「物語は、ハッピーエンドにしたい」
というわけです。
猫姫ちゃん」から「転校してきた気さくなボクっ娘が急接近して幸せになれるボイスデータ」まで、
最後には、カップルまたはそれに相当する組み合わせに「ハッピーエンド」を迎えて貰っています。
家そのものが幸福になる「いえもり姫」は、声は妖艶で見た目は可愛らしい、家を守護するお姫様。
いえもり姫、YouTube画面こういうお姿で、家の一室に、籠って家を守護していらっしゃるワケです。
体験版もありますし、YouTubeにも試聴版があるので、ご確認ください。
なお、同梱している特典画像(PNG形式)では、手前の御簾がありません。
ハッキリと「いえもり姫」様の姿が見られます。
お好きなサイズにプリントアウトして、壁に貼ってお部屋の魔除けにご使用いただけると幸いです。
この話も、このお姫様も、新たに家をついだ若当主も幸福になるハッピーエンドのお話です。
要するに、聴いて下さる方に、幸福になって頂きたいのですね、ウチのチームは・・・
なお、この話の前半でお姫様が言う「里」とは、この夏リリース予定のおふゆさんのいる里。
それなりに世界観がつながっていたりします。
「白尾ようこ」ちゃんも、この里から「おつかい」のために来たコかもしれません。
白尾ようこという訳でこのコが白尾ようこちゃんです。
体験版もありますし、YouTubeにもサンプルがあります。
声の可愛らしさの破壊力は、抜群ですね。

あ、あれ?計算してみたら、コレって・・・んぁ?

「等価交換」と書いたら、皆さまには良く・・・おわかりいただけるだろうか?
(別に、画面の左側に、合成した霊らしきインチキな姿が映り込んでいるわけではない)

要するに「モノや労働に対して、きちんと正当な金額を支払う」というだけの話。

テネシー州ナッシュビルに行ったとき、有名なグルーン・ギターというギターショップに。
(狙って行ったのではなく、偶然店にたどり着いた)
試奏させてもらったのだけれど、良いギターは、当然ながら高価だった。
(もちろん、そんなに高くなくても狂いの少ないギターなら演奏する上で全く問題ない)

ギター、バンジョーなどの楽器は、どう作っても100%純正律とか平均律にはならない。
そもそもの楽器の構造上、そういう不自由さ、狂いがある。

ピアノにした所で、アップライトにしろグランドピアノにしろ、調律師さんのクセは出る。
計測器で計ってぴったりにすると、演奏のメリハリが悪くなるのです。(雑な説明だなぁ)

高音になるほど より高く、低音になるほど より低く、強調してチューニングする。
この加減は調律師さん次第。そして調律の「腕前」に正当な対価を払い「等価交換」が成立。

あ、そうそう。グルーン・ギターに行くちょっと前に、ライブハウスで歌っている女性がいました。
Deirdre Reillyさん。イイ感じで、オベーションのギターでカントリーナンバーを弾き語り。
DeidreReill心地よかったので、彼女に投げ銭をし、CDを購入。
15ドルなので、20ドル紙幣を手渡す。(おおまかに1ドル100円弱の頃)
彼女が、1ドル札で、おつりを数えながら返して来ました。
彼女「One Two Three Foue Five」、最後の一枚を
私が「For you」と言って、チップとして渡すと・・・
彼女はとても嬉しそうな笑顔でした。
「ステキな貴女の歌とCDに、ちょっとしたお礼だよ」というわけ。
そうしたい、いい歌だったんだから。これも「等価交換」だなぁ。
(なお彼女には、私がネット配信する際に「このCDの曲を流す許可」をもらっています)

私は経営者だからボイスコさんにお仕事をお願いする際にも、いくらだとどう採算がとれるか計算。
あ、あれ???この方と、この方は、かなり値段を抑えつつ良いお仕事の対応をして下さる。
ん~と、んあ?こちらの方は、このお値段だったら、あれれぇ~、おっかしいぞぉ?
日俳連の某クラスの皆さんとほとんど変わらない。
えーと、それじゃ条件が、こういう仕事の場合・・・あ、あれっ!(以下、平和のために省略)
もちろん、イラスト担当の皆さんについても、絵とお値段、採算を計算するのが私の役目。
きちんと話し合い、メールで合意、または書類を交わして条件を決めさせて頂いています。

いやいや、私はボイスコさんを否定しているのではないよ。むしろ応援する側。
思いっ切り応援する側なのだが、お仕事をお願いする側と、請けて下さる皆様との違いはある。
という訳で(どんな訳だ?)ちゃんと「等価交換」する事が基本。
後になって追加負担を求められても、そりゃ無理ですね。
(それに見合う「等価交換」をしてもらえるなら別だ)
今後も音楽データ、ボイスドラマを作るので、歌えるボイスコさんにも打診させて頂いています。

文末になりました。え~っとぉ、ごめんなさい。
「等価交換」に失敗したため、「姉妹のストレス解消法」はお蔵入りになりました。
楽しみにして下さっていた皆様、誠に申し訳ありません。お詫びいたします。

色々と、反省していたりするが、まだやる事があるんだよ

いやぁ、参ったねどうも。
何て言うか、各種管理、整理への積極的な工夫がまだ足りない。
時間管理とかも含めてね。
そんな訳で、コツを教わろうと思って、シナリオ担当、花房クンに質問。
「シナリオを書く時の手順」を教わった。
何冊かの参考書もサンキソフトの経費で購入していて、改めて内容をダイジェストで教わりました。
こういう時、経営者だからという理由でエラソーにするのは性に合わない。
きちんと礼を尽くして、教わるのです。良い資料、集めといて良かった。

そして、彼のシナリオ書きについてのお話し。
MSワードで、一気に一話分を書き始める時には、すでに全体(四話で一式なら四話)のストーリーは、頭の中に、大まかに出来上がっているんだそうだ。
一話ずつ、一気に書き上げて、ちょっと間をおいて推敲する。
(間を置かないと、冷静にチェックできないとか)
特に「日常生活より、めちゃエロい場面は頭を冷やしてから推敲しないとダメ」だそうな。
おふゆさんの癒し方・・・夏この、「おふゆさんの癒しかた・・・夏」のシナリオにしても、ストーリーが出来上がってから、MSワードにダダダダダダっと一気呵成に書いたとの事。
さらに、自分で作った行番号入りのテンプレート(MSワード)に流し込んでから、必要な「ト書き」を追加。
ここでまた、時間を置いて、チェック&推敲して保存。
読む人が何のソフトを持っているかに気遣いをして、pdfファイルで出力して完成。
このpdfファイルが社長の私の手元に来て、最終チェックの上で声優さん、役者さんに送付されます。
なお、MSワードにセリフのみを書いたファイル(「ファイルα」とする)を、テンプレートに流し込む時点で、ファイルαに文字数が表示されている(MSワードの機能です)ので(セリフ文字数何文字)という情報を書き込むスペースがテンプレートには用意されている、という手回しの良さである。
ま~、あれこれ文章書きを経験している内に身につけたやり方だそうだから、即座に真似できるかというと、そうそう簡単ではない。
何より「ストーリーは、頭の中に、大まかに出来上がって」の時点で、どうやったらそんな芸当が出来るかというと、花房クンによると、
「ストーリーを作れる様になりたきゃ、ストーリーを作りゃいいんです」
としか言わない。実際そうだよねぇ。
「プログラムを書ける様になる方法は、プログラムを書く事です」
「ギターが弾きたきゃ、ギターを弾きゃいいんだよ」
「絵描きになりたきゃ、絵を描かなきゃ」
なのである。
自分が音楽方面、電気電子技術系の出身だからこういう書き方になっちゃうんだけど
「焦らず、慌てず、諦めずに取り組みゃ、やってる内に何とか出来る自分になるよ。ブレなきゃね」
なのである。
ちなみに、まったく新しい技能の習得には、
「必死で三年間、一万時間かけて取り組んで、モノにならなかったら『できません』と言え」
という目安があります。
それだけの労力をかける覚悟がなきゃ、最初からやめとけって事らしいです。
それから、やめちゃった人が、やり続けて出来る様になっている人を揶揄するのは美しくないですね。

「何でも屋」の苦悩?

他人にお仕事をお願いするにあたって・・・
何がツラいと言って、こちらの意図を、ちゃんと把握していないで
「はい、出来上がりました」
をされちゃう事。
例えば、画像ファイルだったら縦横の長さとdpiの値は指定通りであって欲しい。
そして、ファイル形式も。
ちゃんとした理由があって、横が何pixelで、縦が何pixel、何dpiで、とお願いしている。
そこで、違う物を提出されたら、説明して再提出か、こっちで修正するしかない。
そこで自分の工数を浪費してしまうと、お願いした仕事にお支払いする金額から・・・
とか思ってしまうけれど、実際にはそんな事はしない。
いつ、また、仕事を発注して、お世話になるかわからないんだから。

それはそれとして、仕事にも必要だし、身につけた技能は財産だから自己研鑽は常に考えている。
ある意味、「何でも屋」なので、各種方面の情報収集をして、効率を考えて、学習。
多分、これを書くとヤバいだよなぁ、という判断で書かないけど、ずーっと勉強している物もある。

それで、何とかする技能を学んで、実際に仕事に使うのですよ。
中には、調査した結果、どうにも使いようがない、という判断をする事もある。
「時間の無駄をしたぁ、失敗だぁ!」
という気にもなるが、そういう場合にはこういう納得の仕方がある。
「うんそうか。上手く行かない方法を確認したぞ。じゃ、良い方法をあらためて探そう」
作品一覧
サークルプロフィール