サンキソフト ブログ in DLsite

こんにちは、サンキソフトです。 音楽好きなリーダーと、その仲間とのチームです。

ちょっとお話し

甘えたかったし、甘えて欲しかった・・・とか

誰かに歌って貰おうと思って書いた曲の歌詞がタイトルの
「甘えたかったし、甘えて欲しかった」
なので、出所は、私の自作曲です。
歌ってくれる女性がいないんだよな~
ハイ、そうです。ウチは、歌ってくれる女性も募集しております。
それはそれとして・・・

「男性が甘えたくなる女性」という観点だと、サンキソフトの商品では・・・
「いえもり姫」「保健室、いこ」でしょうね。
いえもり姫保健室、いここの二つ。
家系を守護する童顔の「いえもり姫」
男性が甘えるためのボイスドラマです。
そのため、演じて下さった美咲さゆりさんは、
落ち着いた声で、かなりのお姉さん感覚
それに対して「保健室、いこ」の部活の先輩は、しっかり活発な感じでグイグイ型です。
蒼真氷葵さんのハスキーボイスが、部活の掛け声でノドが枯れてる?という先輩っぽさアリ。

「女性が男性に可愛く甘える」という観点では・・・
「白尾ようこ」「居残りした二人」になるでしょう。
白尾ようこ居残りした二人どちらの声優さんも、元々の声が可愛らしいです。
「白尾ようこ」星天紡さん、
「居残りした二人」望月のあさん。
妹系でカワイイのは星天紡さんかな?
面倒見なきゃ系で可愛いのは、望月のあさんかな?
望月のあさんの声を最初に確認した時は「あ~、丹下桜さんっぽいかも?」と思いました。

「ひたすら元気っ娘が懐いてくれたら楽しいっ!」だと「ボクっ娘転入生との幸せな話」です。
ボクっ娘転入生との幸せな話声優は、大空風海さん
「ボクっ娘テルちゃん」の、人懐っこい様子や、ドジっ子ぶり、
とってもイイ子だよ・・・というのをお楽しみください。
略称は「ボク転(ぼくてん)」になっています。
確か天使とか言うのが略称になるはずだった様な気がするんですが・・・

やはり、声は難しい・・・

最近のアニメを見ていて・・・
「う~ん、Aちゃんの声をあてている声優さんと、Bちゃんの声をあてている声優さん・・・なぁ」
ここでしばし考える。何せ、相手は演技の勉強を習った人達だからなぁ。
そう、「この方々、3~4人、入れ替えしても、あんまり影響が出ないんでないかい?」
という考えがよぎっちゃうのです。

確かに、皆さんの滑舌、発声は、ナメラカで、ウツクシイと思う。
(片仮名で書いている時点で、内心のちょっとしたキツめの気持ちが・・・)
いやいや。昔は良かったなどと言うつもりはないんだけどねぇ。
何だろう、画一的な、声優養成講座を受けたために、本来は残して伸ばしたらオモロイ個性を?
いやいや、個性を切り取る事で、皆さんを芝刈りした後みたいにしちゃダメではないかい?

他人事ではないので書くのですが、私の地声は、某・有名声優さんに似通っている。
感覚としては、二段階くらい、その方より低い。だから逆に狙って声を高くすると・・・
家族にウケる程度には似てしまうのです。

先日、ツイキャスでコラボというモノに混ぜてもらって、その声優さんのキャラクターの真似。
お世辞もあると思うんだけど、コラボが終わったとき、放送者の方が、ちょっと混乱しつつ
「ご本人じゃないよねぇ」
的な事を言って下さった。もちろんです。
私が私であって、有名声優様は私じゃなくて、私が私でなくて、その人だったら、私の声は(以下略)

商品に使用しないイラストでございます

あ~、そうだった、そうだった。かなり前だし、時効という事で書いてしまおう。
この女の子、悪魔っ子、サキュバス娘、かなりのイタズラ好きという設定。
サキュバス娘そして、声優さんなのだが、相当に乗り気の人で、仕事の話が進みました。
そこまでは良かったんだけどね~~~

イラストが上がって来たとたん、イキオイが落ちた様でトンズラされた。
わははは。

イラストは、声優さんが「こんな風にして欲しい」と描いた絵が元ネタ。
向井弥葵さんが綺麗に人物(悪魔っ子)に仕上げてくださったのです。
当然、きちんと絵を仕上げて下さった向井弥葵さんにイラスト代を払った。


もちろん、このキャラクターを使う彼女用の企画を立てるために時間も使った。
「時間=お金」なんだけどね、常識がある人なら。
思いっきり赤字状態なんだがなぁ。

そこんとこで、イキナリ「やっぱりやめます」でトンズラだぁ。
もぉ、笑うしかないね。はっはっは!

あ~、それで、ですね。この度、向井弥葵さんのイラスト集をNA☆NA~PARTY~からリリース。
そこに収録されたのでこの「イタズラ好き・悪魔っ子・サキュバス娘」ちゃんが世に出られた。
おめでとうございます。ぱちぱちぱちぱち。
イラスト集販売しているURLはこちらです。

向井弥葵さんは前に書いた中では背景や前景ではなく、人物のみを集中して描く方です。
この画像で、背景のアヤシゲなモヤモヤは、里原健介クンがあれこれ工夫して作成してくれました。

他にもいるんだよな~、困らせてくれちゃった人の大迷惑な事象が。
ゲーム制作を進めていて、登場キャラクターのデザインの取りまとめをKさんがしてくれました。
複数のKさんの知人が(完全に同人での作成なので)無料でキャラクターを描画してくれました。
ありがたや、ありがたや

つっても、こっちも持ち出しで音声の録音とか、背景の処理とか、プログラムの作成とかね。
同人なんだから、みんなで持ち寄りだよね~、というスタンスで、制作しておりました。

絵が集まって、安堵していたら、時間差で・・・不意打ち!
そう、半年少々の後、絵を描いた中のお一人が、直接サンキソフトに連絡を入れて下さいました。
「自分でスタジオを始めました。あの頃、私はお金に無頓着でしたが、やはりお金を下さい
・・・いやいや、それだと他の人との申し合わせが不整合を起こすでしょ。

ややこしや、ややこしや

それから、キャラクターの絵のまとめはKさんだから、請求するならKさん経由ではあるまいか?
今は、こうやって書いて、ゆるゆるとした笑顔だが・・・その時はどうしたモンだかな~でした。
というか、しっかり感情を害した自分を見つめてしまったのですよ。
怒るっていうのは、疲れるから避けたいんですけどね。

その「やはりお金を下さい」にどう対応したかは、内緒です。
書いちゃったら、色々・・・ねぇ。

ややこしや、ややこしや

そそる声・・・う~ん、そうですねぇ。でもその前にね

一応、前置きとして書きますが、これを書いているのは、男性です。
そして、性癖というか女性の好みは、ごくノーマルです。
優しい、可愛い、そういう女性。明るい、楽しい。でもちょっと内気な、と・・・まぁ、いいや。
さてさて、ボイスドラマのシナリオが出来て、それに合わせて女の子のイラストも出来て。
その次です。
悩む。誰に声を頼むのが正しいのだろ~~~か!?
何人か、仕事をお願いした方(女性ボイスコさんとか)の声を耳の中で再生。
もしくは、商品で声を再確認。
ボイスコさんによっては、同一のチームで仕事する回数を「何回まで」と決めている。
それも考慮。

声は好みだけど、お付き合いするには気難しい方は除外させていただく。
その上で、ウチはあまりハードな絡みの物は作っていないのでありまして・・・
「ほのぼの、ハッピーエンド」とか「ほっこり出来る、あったかいオチがある」のが好み。

あと、きちんとギャランティの条件を確認して、演技・録音を「仕事で発注」するのですからね。
ノイズに埋もれた悲惨なS/N比の音声を納入した前例のある方はパス。
その上で、気持ちが良くなる、綺麗さ、可愛さ、妖艶さ、というので、お願いする相手探し。
あとは、ウチのチームと相性の良い方であって下さいと祈るわけです。
ああ、まだ声の質とかの話にたどり着いてない・・・orz

舞台裏???

今回は商品の説明、紹介、商品へのリンクはしません。
歌を作ったり、シナリオを書いたり、という地道な(?)裏方のお話し。
「プログラムを書けるようになる方法は、プログラムを書く事」
という名言(!)があるけれど、詩が書けないという人、歌う歌詞や曲が作れない人について。
「書け!」と、ねじ込んでも、多分頭を抱える人が多いと思う。
では、どこから取り組むか?
詩の場合「好きな詩を書き写せ」
詞の場合「好きな詞を書き写せ」
これが答えだぁ!!
曲の場合「好きな曲の替歌を作って、歌っている内に別のメロディーに外して歌ってしまおう」
スタートはこんなモンだったりする。スタートはね。その内に自分の個性が出てきます。
では、シナリオを書く技能は、どうやって修行したのでしょう?
無論、ネットで検索して、そういう指南書を探して、購入し、読みました。
なお「本の名前は教えません!」よ。企業秘密です(苦笑)
ですが、チラっとヒント。著者は一流のストーリーメーカーの方です。
それから、一冊だけ読んだのではなく、何冊か読みました。
ただし、それらの本を読む前から、既存のゲームのアフターストーリーを作ったり、
自分で思いついたキャラクターのストーリーを書いていたりしていたので、
今まで我流でやっていた事を、これらの本で整理してもらった感じです。
あとは・・・
自分が何を書きたいか把握すれば良いのじゃぁあ!
あー、なんかスッキリした。
作品一覧
サークルプロフィール