お姉様先輩にあこがれる、ちょっと頑張っちゃう後輩女子、というコンセプト。
これが『「お姉様」でいいでしょうか?』です。
先輩を大学まで追いかけるけれど、捕捉できずに時間が過ぎ・・・という話。
「お姉様」でいいでしょうか?冒頭の高校時代は、部活のための柔軟体操であって、喘ぎ声ではないので、ご注意ください。
あこがれが強い事に、先輩と同じ大学にまで入学してしまいます。
先輩からしたら、可愛い妹分なんですけどね。
高校時代の部活動では「先輩」と呼び、慕います。
大学で再会してから、先輩に許可をもらって「お姉様」と呼ぶ事になります。
演じているのは大空風海さん。声の質から、何かを連想する方がいらっしゃるかもしれません。
そこは、まぁ、深く考えないで下さい。彼女の演技と声を楽しんで頂けると嬉しいです。