サンキソフト ブログ in DLsite

こんにちは、サンキソフトです。 音楽好きなリーダーと、その仲間とのチームです。

舞台裏???

今回は商品の説明、紹介、商品へのリンクはしません。
歌を作ったり、シナリオを書いたり、という地道な(?)裏方のお話し。
「プログラムを書けるようになる方法は、プログラムを書く事」
という名言(!)があるけれど、詩が書けないという人、歌う歌詞や曲が作れない人について。
「書け!」と、ねじ込んでも、多分頭を抱える人が多いと思う。
では、どこから取り組むか?
詩の場合「好きな詩を書き写せ」
詞の場合「好きな詞を書き写せ」
これが答えだぁ!!
曲の場合「好きな曲の替歌を作って、歌っている内に別のメロディーに外して歌ってしまおう」
スタートはこんなモンだったりする。スタートはね。その内に自分の個性が出てきます。
では、シナリオを書く技能は、どうやって修行したのでしょう?
無論、ネットで検索して、そういう指南書を探して、購入し、読みました。
なお「本の名前は教えません!」よ。企業秘密です(苦笑)
ですが、チラっとヒント。著者は一流のストーリーメーカーの方です。
それから、一冊だけ読んだのではなく、何冊か読みました。
ただし、それらの本を読む前から、既存のゲームのアフターストーリーを作ったり、
自分で思いついたキャラクターのストーリーを書いていたりしていたので、
今まで我流でやっていた事を、これらの本で整理してもらった感じです。
あとは・・・
自分が何を書きたいか把握すれば良いのじゃぁあ!
あー、なんかスッキリした。

声とイラストのイメージ合わせなどなど

ボイスドラマ(全年齢版、成人向け版、いずれも)を作る時、同時にイラストも用意します。
イラストレーターさんも色々で
「人物+背景+前景」を描く方もいらっしゃるし、
「人物のみ」を描く方もいらっしゃいます。
「人物のみ」を描くタイプの方だと、背景、前景をこちらで作る事になります。
そして当然ですが、商品のタイトルや説明文、声優さんのお名前なども絵としてデザイン。
さらにサンプルとして、chobitとYouTubeにもアップするので、絵が静止した動画(?)も作成。
余程の事がない限り、ここまでやり切ったら、画像の変更は手間がかかりすぎるのでしません。
リリースする時に十分に仕上げるのが理想です・・・が、時折、そうも行かない時があります。
という訳で、リリースした後で、画面を変更した例は、こちら。
保健室、いこ
「保健室、いこ」
です。
この画像でTwitterで宣伝していたら、声優の蒼真氷葵さんが、
「中の人、こんなに可愛くない~」とコメントしていらっしゃいました。
いやいや、とんでもない。蒼真さんは、とても魅力的な方です。

もう一つ、タイトルと画像の両方を変更した商品もあります。
なお、各種理由により、販売しなくなった商品や、商品に使わなかったキャラクター・・・
お蔵入りは可哀想なので「画像集」でご覧いただける様にしています。
そちらは「NA☆NA~PARTY~」ブランドにしています。

予想以上の可愛らしさです

本来は、ゲームのシナリオだったものを、メインルートをボイスドラマ化したもの。
それが「白尾ようこ」です。
白尾ようこ画像はこちらになります。
イラスト担当は、向井弥葵さん。
なお、イラスト集のブランド、NA☆NA~PARTY~から、
「向井弥葵イラスト集 ~2018」をリリースしています。
こちらにも、白尾ようこのイラストが収録されています。
それから、白尾ようこの声は、星天紡さんが担当。
販売ページからも、YouTubeからも、試聴出来る様にしています。
何故って、彼女の声が思い切り可愛らしく白尾ようこちゃんイメージそのもの
可愛らしくて(犯罪でないなら)お持ち帰りしたくなるのも当然の声をしています。

なお、日本の法律では相手が未成年だった場合、成年している人が家に連れ帰ると・・・
逮捕されてしまうので、そういう状況になったら、警察に引き取って貰って下さい。
白尾ようこちゃんが相手なら法律は適用されませんから、大丈夫。(何が?)

全年齢向け百合ボイスドラマです

お姉様先輩にあこがれる、ちょっと頑張っちゃう後輩女子、というコンセプト。
これが『「お姉様」でいいでしょうか?』です。
先輩を大学まで追いかけるけれど、捕捉できずに時間が過ぎ・・・という話。
「お姉様」でいいでしょうか?冒頭の高校時代は、部活のための柔軟体操であって、喘ぎ声ではないので、ご注意ください。
あこがれが強い事に、先輩と同じ大学にまで入学してしまいます。
先輩からしたら、可愛い妹分なんですけどね。
高校時代の部活動では「先輩」と呼び、慕います。
大学で再会してから、先輩に許可をもらって「お姉様」と呼ぶ事になります。
演じているのは大空風海さん。声の質から、何かを連想する方がいらっしゃるかもしれません。
そこは、まぁ、深く考えないで下さい。彼女の演技と声を楽しんで頂けると嬉しいです。
作品一覧
サークルプロフィール