Dark RoseEX-S 〜menu〜

同人サークルDark RoseEX-Sの博海城(ヒロオキ)がお送りする、 日常雑記や同人活動などなど(゚∀゚) レッツいつでも突貫工事!

●同人サークルDark RoseEX-S(だーくろーずえくしす)
FF5をメインに成人男性向け同人誌制作をする気まぐれ集団。
主宰は博海城(ひろおき)、お目付け役は弥月雪姫子(みつきゆきこ)。
年2回のコミケをメインに活動中。
イラストをpixivに移行、通販はBOOTHにて(要pixivアカウント無料)
https://darkroseex-s.booth.pm/

★次回は2020冬コミへ申し込み予定です★
★2019冬新刊「JOB☆STAR21.5」はとらのあな様で絶賛委託頒布中!リンクからDark RoseEX-Sと検索を!2019年12月29日刊行済!ぜひ!
darkroseexs■gmail.com(■をアットマークへ変更してください)

ブログネタ
夏の風物詩!幽霊を信じますか? に参加中!
このブログでは「テーマ」(まぁ日記のネタですな)というものが選べるみたいなんで、今回は・・・


「夏の風物詩!幽霊を信じますか? 」について。


んー。
正直、霊感とゆー物は一切持ち合わせてはおりません。
が。
大好きなんですよ心霊関係とか怖い話とかUFOとかUMAとかw

まぁ現実に見たことない以上、信じるというか・・・「居てもおかしくはないんじゃない」と。

あとはUFOとかUMAに対するスタンスと同じかな。
「居ないより居たほうが面白いんじゃない?」という。
もっともUFO・UMAはともかく、現実に幽霊が居たほうが「面白い」かというと微妙ですがw


でも、結局この手のものってあれこれ想像を巡らせて楽しんでいるうちが一番いい気がしますね。

未知のUMA、例えばツチノコとかも居る居ないを喧々諤々論じあっているうちが花。
もし実物が発見されたりしたらそんな論議も出来なくなるわけで。
幽霊なんかも実際見たりしたら・・・
軽い気持ちで心霊関係とか楽しめなくなりそうだからねぇ。

メガネびいきのゲストながら、久しぶりに電気グルーヴふたりの声をラジオで聞いた。

自分にとっては、かつてオールナイトをやっていた頃以来。
まぁ、ゲストということで大人しめ。
当時のラジオでのふたりは、ちょっと好みが露骨に出ててコーナーのネタがどれも偏っていたような。コーナー自体はつまらなくはなかったんだけど、フリーでしゃべってる時の方が面白かったなぁ。
瀧の妄言に卓球が(恐らく)マジ笑いをしてたり。
つくづくこのふたりはウマが合うというやつかなと。

そして、相手が旧知のお笑いおぎやはぎであろうと、やはりこのふたりにはゲストは向かないw
ゲストだからと抑え気味なのか、ただ単にいつものやる気がないポーズなのかはわからないが、結局は時間を与えて好き勝手やらせるのが一番だなw

さて、今回からこれまで使ってきたサークルブログがこちらに移りました。今後はこちらで宜しくお願いします。
まぁ、書くことなんてこれまでとなんら変わりませんが!


**********************


コミケ後には相方参加のFFオフがあったんで、その関係でいらした方々にずいぶんと差し入れを頂いてしまいました。ありがとうございます。
感謝の滝涙とともに食させていただいておりますw

中でも杏仁ケーキが面白かったですなぁ。
杏仁の香りと味のするふんわりケーキの中に、なんというかもちっとした果肉ゼリー?が入っているという・・・当方無類の杏仁好きですが、これにはぶったまげましたw
最初は????でしたが、中身のゼリー?の種類も豊富で病みつきwww

お菓子には疎いんで新たな世界を垣間見た気分ですた(゚∀゚)
ちなみに甘いものは好きなんで、今後も是非www←嘘です、お気遣いなくどうぞですw

525円
同人成人向け 成人向けマンガ画像(JPEG)ファイル
ゼ●ァー●ーンは苦し紛れに混乱の魔法をかけるが、それにより暴走したバ●ツは敵味方関係なく襲いかかり・・・くんずほぐれつの3P状態に!

というわけで、本日二日目が我がDark RoseEX-Sの参加日でした。
ご来スペ頂いた皆様、ありがとうございました。
初壁はさすがにちょいとしたほろ苦さではございましたが(^_^;)まぁこれを経験にまたFFジャンルで地道に始めていきたいと思う所存でございます。

尚、とらのあな様で今回新刊の「JOB☆STAR11」の委託販売が開始されております。
今日会場に行けなかった!でも新刊読ませれ!というありがたい方はぜひぜひ。

次回は復活サンクリで9月27日です。
クイーンズブレイドジャンルにてユーミル本(成人向け)を!
ある程度はこれまでのFF本も置くと思いますんで、そちら目当ての方もぜひぜひ(゚∀゚)

↑このページのトップヘ