2017年11月03日


今までのRPG関係の全記事はこちらから

では今回は、オープニングから旅が始まるまでを説明します。

…と、言いつつオープニング前の
キャラクター名決定画面は今回も実装しました。
好きな名前でお楽しみください、サウンドコンフィグもあります。

Queen_013Queen_014

Queen_015Queen_016

オープニングではまず
「ライマリー王国」国王の男性主人公アベル、
「フォルティ王国」王女の女性主人公レティシアの
結婚式から始まり、初夜に至るまでのシーンが流れます。

Queen_017Queen_018Queen_019

レティシアは、ライマリー王国へ
「お嫁さん」と言う立場でやって来るわけですね。

そしてこちらが初夜のシーン、
ふたりとも初々しくセックスを始めます。

Queen_020Queen_021Queen_022

Queen_023Queen_024Queen_025

Queen_026Queen_027

とりあえず、無事中出しをして終了。
これで将来の世継ぎについては
心配がなくなったかと思えたのですが…

これが何度身体を重ねても、一向に世継ぎが
出来ないことを問題視したライマリー王家、
さっそく二人の身体を調べました。すると…

アベルは「種無し」であることが発覚してしまいました。
これでは世継ぎがいつまで経っても出来ません。

Queen_028Queen_029Queen_030

国王が種無しである…!
その件について緊急会議が開かれました。

この会議の場で、一番焦ったのは
嫁入りしたレティシアではなく…アベルの母、皇太后。
ライマリー王家が当代で途絶えてしまう…!
そんな危機感を一番感じ、パニックになってしまいました。
そこで出された提案が…

「ライマリー国民の血を引く男性なら誰でもいいから
外に出て子種をもらっていらっしゃい!」

…というものでした。

Queen_031Queen_032

Queen_033Queen_034

これには部下を含めた一同、あきれ果てるばかりですが
相手は皇太后…誰もその提案に反対できないまま
この話は決定されてしまいました。

当然、嫁入りしたレティシアにも反論の機会は与えられません。
なんと言っても、世継ぎが出来ないのは事実…
このままでは、王家の未来はもちろん
アベルとの幸せな夫婦関係すら破壊されてしまうのです。

そう思いながら謁見室へ向かうレティシア。
そこでこの話をアベルに話さなくてはいけないのですが…
「嫁が子作りのため、浮気の旅に出る」とは伝えられません。
ここでもうひとつ、皇太后は要らぬアイデアを提案します。

----------------------------------------------------

「願いのかけら」を集めると「竜の祠」と言うところで
何でも願いを叶えてくれる、忙しいアベルに代わって
その「かけら」を探す旅に出させて欲しい…。

----------------------------------------------------

アベルには、旅の目的をそう伝えるようにとせっつかれました。
レティシアはどうしようもなく、渋々ながらもこれに従います。

Queen_035Queen_036

Queen_037Queen_038

アベルもアベルで、冒険譚には目が無い男…
この話をあっさりと信じ込んでしまいました。
しかも妻の、王国の未来を想う献身的な態度に感動すら覚えて…。

Queen_039Queen_040

Queen_041Queen_042Queen_043

こうしてレティシアは旅の支度もろくに貰えぬまま
ライマリー城から旅立つことを強いられてしまいました。
さて、これからどういう男性と、どのような出会いを
してゆかなくてはならないのでしょうか?

Queen_044Queen_045

…以上が今作のオープニングです。

最初は浮気にノリノリな方向で考えたのですが
もう一度レティシアのキャラクターデザインを見直した結果
こっちのほうがいいかと思い直して修正しました。

次回更新では、一番身近な男性が集う場所、
「城下町」で起こるイベントを紹介したいと思います。
基本的なゲームシステムも併せて説明する予定です。


(11:44)

この記事へのコメント

2. Posted by yat   2017年11月29日 08:40
コメント有難うございます。

> 新作楽しみにしています。

有難うございます、ご期待に添えるように頑張ります。

> 戦闘のバランスですが、「コレット」の時の男性キャラ
> 「ジュン」がスキル豊富でとても良かったのですが、
> 「若妻」の時のマルコがストーリー上もあってか、
> 何だか貧相に見えてしまいました。
> (追加スキルも魔法だと思っていたのですが・・・)

今作の男性主人公アベルは「国王」と言う位置づけですので
初めから少し強いキャラクターバランスで調整してあります。
前作のマルコは一般人だったので、その辺のバランス付けを
弱めにしたのですが、ご意見を頂くと戦闘、ストーリー共に
マルコの立場に同情的なご意見が多かったので
アベルはあまり弱々しくならないように調整してあります。

アベルは剣使いなので、強めの剣技を習得するようになっています。
そこを妻のレティシアがサポート魔法をかける…と言う感じの
バトルになると思います。イメージ的には「ジュン」に近いです。
1. Posted by yat   2017年11月22日 18:38
コメント有難うございます。

> 質問なのですが、レティシアとの子作り相手に
> アベルの父親(王様)はいるのでしょうか?
> 妻である皇太后に隠れて、国の代表である王様が
> 息子の嫁に浮気して子供を産ませるという
> 背徳的な子作りシーンが見てみたいのです。

父親との子作りイベントはあります。
それを予感させるレティシアとの会話イベントが
オープニングの直後に入れてあります。
また、別の近親ネタをもう一つ入れておく予定です。
どちらも体験版ではなく、本編レベルのイベントとして実装します。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字