2017年09月29日


今までのRPG関係の全記事はこちらから

お待たせしました。

今度の新作は、ある王国の王妃様が子種を求めて旅をするRPG、
タイトルは「王妃様の浮気子作りダイアリー」です。

今作の一番大きな更新部分はデフォルトの解像度変更です。
640*480の解像度で開発します。
当然、旧作のように画面ズーム機能は搭載済みですので
1280*960などの大きな解像度でもお楽しみいただけます。

現状では3倍の1920*1440まで拡大してプレイすることが可能です。
もう一段階上のズームが欲しいという方はコメントをどうぞ。
すぐに対応いたします。

何故子種を集める必要があるのかも含めて
細かいストーリー展開は次回更新で行うとして
今回は出来ている範囲でスクリーンショットを掲載します。

大体こんな感じの画面になります。
解像度が上がったおかげで、マップの表示部分が少し増え
全体的に広く感じられるようになりました。

今回初めてマップチップに有料素材を利用してみたのですが
仕上がりが全然違うのでもっと早く使っておけばよかったかな?
と思っています。

Queen_001Queen_002Queen_003
Queen_004Queen_005Queen_006

Queen_007Queen_008Queen_009

Queen_010Queen_011Queen_012

今作も、ヒロイン「レティシア」と男性主人公「アベル」の
夫婦物語で進めようと思っています。

それでは次回更新をお楽しみに。


(17:59)

この記事へのコメント

8. Posted by yat   2017年10月22日 17:28
コメント有難うございます。

アベル側からの覗き見は、アベル自体の性格が
そう言うキャラクターではないので
イベントとしての実装は難しいかもしれません。
「若妻物語」のマルコと同じレベルで
妻に対しては真っ直ぐなキャラクターなのです。
ですので、アベルに「見せる」イベントは
現在考案中ですので今回はそれでご了承ください。

多産表現は考えてみます。
相手によってはその様な表現があってもいいと思います。
7. Posted by yat   2017年10月08日 21:50
コメント有難うございます。

> 子作りカウントシチュの採用有難うございます!
> お気に入りのキャラクターと躍起になって子作りさせられそうです。

浮気男性別の子作りカウントは
ゲームデータとして反映させることに成功しました。
あとはその結果を会話中にできるだけ練りこめるように
頑張ってみます。

獣姦シチュは少しファンタジー気味な生物設定にして
何とか規制に引っかからないようにデザインしてみます。
6. Posted by yat   2017年10月08日 05:31
コメント有難うございます。

> 2回目以降の汎用エロイベントで
> キャラクターに今までの子作り回数を
> カウントするセリフを入れるとかどうでしょうか?

これは可能だと思うのでやってみます。
5. Posted by yat   2017年10月05日 10:08
コメント有難うございます。

> 百合、剃毛、女装など、新しく色々試している部分は
> 良かったと思いました。

作品あとがきでも書きましたが、これらのプレイは
かなり冒険的な試みとしてお出ししましたので
このようなご感想がいただけてホッとしております。

> 快楽に積極的で、攻める姿勢というか
> 年上のお姉さんっぽさが、おねショタという
> 性癖では重要なので、もう文句なしです。

この点は、次回作でも踏襲します。
ご好評頂いたテイストは出来るだけ
長く採用するスタンスです。

近親相姦要素も最低限、宿屋物語と同様のレベルで
採用しますのでお楽しみに。

エンディング後、夜に発生するイベントですが

> ヒロインの悪女っぽさを数倍している感があって、
> エロスより悪女っぽさが目立った感じがしました。

ある意味、今作のストーリー上
究極の浮気シチュエーションとして実装してみたところ、
キャラクターの設定方向がどうしてもこうなってしまいました。
もう少し「つまみ食い」的な雰囲気でも良かったかもしれません。

> 目の前で知らない男やショタとセックスして妊娠する姿を
> 強制的に見せながら、男性主人公にオナニーさせるようなのも
> 有りだと思いました。
> ナースイベントみたいに、コスチュームを来て
> ある程度歩き回れて、セックスできるイベントが欲しいです。

これらは次回作でいくつか実装する予定です。
ご期待ください。

> 次回作のビジュアルは好きです。
> 個人的には、渚ママや幽霊さんより、褐色って感じで好きです。

次回作のヒロインビジュアルについては、
ご指摘の通り褐色を意識して混ぜてみました。
別の国から嫁入りでやってきた…
と言う設定なのでそういう外国風な雰囲気に
してみようと肌の色を決めてみました。
4. Posted by yat   2017年10月02日 21:24
コメント有難うございます。

> タイトルからしてもう托卵は回避できそうにない
> 男主人公かわいそうですが
> ヒロインが好みのデザインで今から楽しみです

王家が舞台の話なので、今回は托卵についても
特に養育の負担のことは考えなくてもいいかな、
と言う感じで設定を作っています。

ヒロインのデザインは王妃様と言う設定ながら
エッチゲーム向けのデザインにしようと思い
思い切って露出を増やしてみました。
ピンク系の衣装や髪の色もその雰囲気を
強調するための色で決めてみました。

> できればでいいのですけど、女の浮気相手がほしいです

予定ではこれ系のイベントも入れてみようとは
思っているので、何とかねじ込んでみます。
3. Posted by yat   2017年10月02日 06:18
コメント有難うございます。

> 性体験談の告白イベントは今作にも是非、導入して欲しいです。
> そして、その体験談を伝える相手はアベルでお願いします。

もとより導入するつもりで考えておりましたが
いま、どのように組み込むかの具体案が思いつきました。
アベルの目の前で…と言うのが可能な形でイベントを組みます。
ですが、浮気イベントと同様に
あとに影響を残すことなく終わる系で調整します。
2. Posted by yat   2017年10月01日 18:45
コメント有難うございます。

> 夫は、妻が夫以外の男(獣)の子供を産んでも
> ちゃんと愛してあげられる懐の広い(?)方だと嬉しいです。

この方向性でシナリオの方は考えがついています。

> また、獣姦描写についてですが、
> 前作では規制の影響からかモザイクが濃すぎて

この点は申し訳なく思っております。
こちらとしましても、どのようなレベルで
修正指示が入るのか全く予想がつかぬため
どうしても過剰気味になってしまう傾向があります。
ご指摘の通り、もう少々上手い回避策を練るべきと
思っておりますので、この辺は登場キャラクターの描写を
考えなおしてみることにします。
1. Posted by yat   2017年10月01日 07:46
コメント有難うございます。

> 新作発表ありがとうございます。
> 発売楽しみです。

まだ作り初めの段階ですが、
これと言った目立つ不具合も発生しておらず
特に問題なく開発が続けられそうです。

> 今作もいっぱい妊娠させることができそうで何よりです。
> 前作は夫は妻の浮気に気付かないままでしたが、
> 今作はぜひ、夫に事後報告したり、夫の目の前で孕む様子を
> みせつけたりして欲しいです。

妊娠相手は前作「若妻物語」並みに用意します。
見せつけプレイも「薬」を使って何とか実現してみたいと思います。
シナリオ的に後に引くような影響が無いようには調整します。
今作も、夫婦の愛は崩さぬようにします。

コメントする

名前
 
  絵文字