2013年12月07日

このエントリーをはてなブックマークに追加

今までのRPG関係の全記事はこちらから

細かい話ですが、主人公カミーラのデザインがちょっとだけ変わってます。
以降のプレビュー画面は、変更後の画面です。

今回は、人間界でカミーラが「将来の支配者」として
気に入られるという目的がありますので…
「御奉仕システム」によって「御奉仕ポイント」を蓄積する必要があります。

この御奉仕ポイントは序盤のイベントで
「御奉仕手帳」を貰うと蓄積する事が出来ます。
貰い忘れると蓄積が始まりませんので注意してください。

Camilla_sample09-1

そして「御奉仕ポイント」の効果ですが…
この蓄積によってえっちイベント時の報酬が変化します。
ポイントの蓄積によって御奉仕レベルが上がると、
同じえっちイベントであっても、カミーラが人間に気に入られた結果
報酬がいっぱいもらえるようになります。

これが御奉仕レベル1の時の報酬で…

Camilla_sample09-3

こちらがレベルアップ後の報酬金額です。
どちらも同じえっちイベントの画面です。

Camilla_sample09-4

これによって「お金の稼げないえっちイベントは回避」と言うことは無くなります。
「御奉仕ポイント・レベル」によって報酬は該当金額に管理されるからです。
このポイントとレベルはリアルタイムで確認できますので
あとどれくらい御奉仕すればレベルアップするのかは、一目瞭然です。

Camilla_sample09-5

次は「精液収集システム」のお話。

前作ではおしっこの収集と言うタスクがありましたが
今作カミーラでは、それに加えて精液の収集タスクがあります。

Camilla_sample09-2

でもややこしくはなっていません。
単純にえっちをすると精液が自動的に集まるようになっています。
ただし、ストーリー進行の中で手に入る「精液ボトル」と言うものが必要です。
このボトルが無いと、いくらゲームを進めても精液が手に入りませんので
注意してください。

これが「精液ボトル」入手の画面です。

Camilla_sample09-6Camilla_sample09-7

そして、集めた精液が主たる魔法生成の原材料になります。
精液はアイテム数ではなく、ミリリットル単位で管理されるので
何ミリリットルでも蓄積可能です。

Camilla_sample09-8

町の魔法屋に材料を持って行くと自動的に生成してくれるところは
前作エリーと変わりません。

おしっこも量で管理しますので、
こちらもアイテム「おしっこボトル」にいくらでも蓄積可能です。
おしっこボトルはいつでも使用可能なアイテムなので、
水を飲んだら即おしっこ収集が可能です。
おしっこの収集方法は前作同様、水を飲むことです。

Camilla_sample09-9Camilla_sample09-10

今回、水は携帯できます。町中で飲むお茶は持ち歩けませんが…
マップ上で水が沸いているところでは、その水を持ち帰る事が可能です。

Camilla_sample09-11

アイテムとして99個まで持てますので、普段から適当な数を貯めてください。

Camilla_sample09-12

次回はボス捕獲システムとパーティー編成システム、簡便なマップ移動について書きます。

そしておまけ。今回のボスキャラの一人です。
ビキニ鎧・褐色肌と属性を付けてみました。
戦闘中の脱衣は当然、実装済みです。

Camilla_sample09-13

彼女らはイベントで戦って、勝利すると仲間になるのですが…
今回は、それにひとイベント加えました。
それは、次回のボス捕獲システムで…。

k-menu36


(10:51)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字