2013年07月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加

今までのRPG関係の全記事はこちらから

多数のダウンロードを頂きまして、誠に有難うございました。
色々と落ち着いたので、今回の発売に関して思った事をいくつか。

まずは、嬉しかった事を。

■久しぶりにランクイン

DLsite様でのデイリーランキング3位は素直に驚きました。
他の大手さんの販売がひしめく中だった事も考えると、かなり善戦したと思います。
特にその日は、1位2位が有名な大手さんだったと記憶しているので
この結果には素直に喜びました。

その勢いで、ウィークリーランキングまで頂きました。
ギリギリのランクインでしたが、
これはこれで取るのが難しいというイメージしかありませんでしたので
作品名の隣に二つの王冠が並ぶのは気持ちが良かったです。

これも、お買い上げくださった皆様のおかげと思っております。
本当に有難うございました。

■かなりの高評価でした

評価数が100を越えた時点で、総合評価が
まだピンク色の評価だったのも結構な驚きでした。
ここまでの高評価を頂いたことは無かったので。

あまりにも嬉しくて、記念にスクリーンショットを取っておいたほどです。(笑)
次回作も今回のような評価が頂ける様に頑張ります。

エロゲーとしての役割をしっかり果たしたようで
その様なご感想を多く頂きました。
ご感想を送って下さった皆様、有難うございました。


では、ここからが次回作に向けて気をつけたい事など。


■常時ダッシュが欲しい

このご意見が多かったです。
確かに、キーを押しっぱなしにしないといけないのは負担ですね。
次回作ではこの問題を解決するように、現在奮闘中です。

■町にすぐ戻れるようにしたい

「牛娘メイ」の方では進む先がずっと向こう側まで
ありました関係でこの機能をつけていたのですが、
「エリー」の方では、中心に町があるマップ作成だったので
不要かと思い外しました。

しかし、そうでは無かったようです。
申し訳ありませんでした。次回作では復活させます。

■バグが多かった

これは、本当に申し訳ありませんでした。

発売から毎日のように更新してしまいまして
ご負担をお掛けしました。

今回のエリーは、「牛娘メイ」でご意見を頂きました
「ストーリーの多様性が欲しい」と言うご意見に沿って開発を続けた結果
やたらとイベントスイッチが増えてしまいまして
腕の未熟さを言い訳にしたくは無いですが、ツクール暦1年ほどの作者には
この規模のゲーム作成は手に余ったのかもしれません。

バグ報告を下さった皆様には、本当に感謝してもし切れません。
このご報告が無ければ、作者自身ではこれらのバグを発見する事が出来ずに
まともに遊べない不完全品を流通させたままになっていたと思うからです。
これは、サークル運営と言う点において一番してはならない事ですから。

ご面倒をお掛けしたにもかかわらず、
こうして当サークルの作品に関する多大なご協力を頂きまして
感謝の念に堪えません。

以上の不手際に関しまして、お買い上げ頂いた皆様に改めてお詫び申し上げます。
今後は、よりゲーム製作に対する意識を高く持ち、
上手くイベントを処理出来るように技術を磨きたいと思います。


では、これより次回作の製作に取り掛かります。
しばらくしたら発表できるようにしたいと思います。


(17:33)

この記事へのコメント

7. Posted by yat   2018年10月24日 17:48
続きです。

> ・「リック」はエリーに対し献身的な少年で
> 思わず感情移入するほどでした。
> クリアするころには40回以上も女性達と
> 関係を持ってしまいました(笑)

リックもエリーと共に放浪するうちに自らの立場を
理解したという感じです。やれることはやらないと
明日の生活が…と言う意識を持っている設定です。
それが、姉に対して従順な態度となって現れています。

> ・システムはまだ初期ということもあって、
> 新システムに慣れていたせいか苦労しました。
> けれど、この作品もあったからここまで
> 素晴らしい作品と出会えたことに感謝しております。

デフォルトの機能を卒業し、独自に組んだ
色々な処理を試み始めた初めての作品です。
マジカルシードの成長処理だけで
3日ほどかかったのもいい思い出です。
6. Posted by yat   2018年10月24日 17:47
ご感想ありがとうございました。

> ・クリアまでプレイしたのが「王妃」の後で
> 恐縮ですが、じっくり楽しめました。

プレイされる順番にかかわらずお楽しみ頂けるように
製作しております。当サークルは最新作から過去作へ
戻られる方が多くいらっしゃいます。

> 内容はこれまでの作品と比べてシリアスな感じがしました。
> (コメディ部分があまり見られなかったので)

RPG制作の流れをつかんだのでいよいよ
大きな作品に仕上げようと取り掛かりました。
その気持ちがシナリオの方向性を決めたのかもしれません。
ポルキン親子の確執、と言う部分もシリアスな方向に
なった原因かもしれません。

> ・「エリー」はこれまでのヒロインと比べると
> 落ち着いた感じでした。冒険の経験からこうなったと
> 自分で解釈していますが、「フローラ」や「渚」が
> コメディタッチのヒロインだったので最初は戸惑いました。

姉、と言う立場を色付けに使った結果かと思います。
それと一歩でも引き下がったらすべてを失うと言う
緊張感と表裏一体の生活と言う部分があると思います。
この緊張感は、後のヒロインには
あまり感じさせないように製作しています。
4. Posted by yat   2017年09月20日 22:22
DLsite様でコメントを下さったお客様、
ご投稿いただき有難うございました。

冒頭のエッチシーンは長々とオープニングだけを
見せるのもよろしくないと思ってサービス的に入れました。
気分を盛り上げてからゲームをプレイしていただく、
という気持ちもありました。

妊娠・出産イベントはツクールの使い方として
その機能をどう再現したら良いかを
ようやく思いつけた作品でしたので
出来るだけあらゆるところで実装しました。
おしっこイベントも同様です。

おかげさまで「個性的な作品である」と言う
コメントを色々な方々からいただけました。
以降、すべての作品でこの機能とアイデアを
活用しています。

それではこれからも当サークルの作品を
よろしくお願いいたします。
3. Posted by yat   2017年06月12日 09:24
DLsite様でコメントを下さったお客様、
ご投稿いただき有難うございました。

> おねショタ最高です

エリーでは実姉と実弟と言う設定で絡めまして
個人的には母子と同じく好きな近親ネタであります。
何と言うか、女性のほうが年上と言う方が
描いてて楽しいです。
これからもこの方向性で頑張ります。
2. Posted by yat   2017年06月11日 17:41
DLsite様でレビューを下さったお客様、
ご投稿いただき有難うございました。

このエリーは、ツクールと言うツールの
自分で出来る限界はどこかを探りながら
出来るだけ多くのイベントを
詰め込んでみようと考えた作品でした。

妊娠出産、おしっこプレイなどの
分岐・条件が必要なイベントを実装したのも
出来そうなことを詰め込んでみた結果です。

そう言うわけで、ゲームプレイ上のボリュームが
かなり膨れ上がった作品だったと思います。
後に開発した作品もプレイ時間、イベント数などは
全てこのエリーを基準に考えております。

その分、プレイヤーの皆様が飽きないように
エッチイベントを各所に配置するバランスが
難しかった記憶があります。

それでは今後も当サークルの作品を
宜しくお願い致します。
1. Posted by yat   2016年11月14日 23:25
DLsite様でレビューを下さったお客様、
ご投稿いただき有難うございました。

プレイ嗜好は分かりやすい方が良いかと思い
一定の方向へ割り振った感じにしました。

RPG処女作「牛娘メイ」を作り終えたばかり
と言うのもありまして、まだ未熟な自分に
出来ることをしっかりと見定めてから
取り掛かろうと思ったのもあったからです。

その代わり、これは出来そうだと思ったものは
トコトンまで詰め込むことにしました。
それがエリーと言う作品の「独自性」という
ご感想に繋がったのではないかと思います。

コストパフォーマンスはCG集を
手がけているときからの心がけです。
CGにせよ、ゲームのイベント数にせよ
出来るだけ多くの収録をするようにと
今でも考えながら製作しています。

それでは今後も当サークルの作品を
宜しくお願い致します。

コメントする

名前
 
  絵文字