昨年購入済でしたが、いろいろと忙しく放置してました。
現在ベータ版のVRマシーンOculusRiftDK2をちょっとだけいじってみました。
OculusRiftとは何? という方はぐぐってすぐにわかるかと。
没入感がすごいと評判ですが、はたしてどれくらいのものか疑わしい・・・と半信半疑でした。
それでもずいぶん安くなってきたので、思い切って昨年購入したというわけです。

でもって、先週いろいろとやってみました。
結果・・・

うわさどおりでした。驚愕でした。まさに仮想世界へ飛び込んだ感じになりました。
いろいろ無料で、ゲームっぽいのがリリースされていますので、面白そうなのを適当にダウンロードしてトライしました。
結果・・・

とんでもない3D酔に襲われ、次の日までダウンです。orz
これほど、げろげろになったのも久しぶりでした。
(気持ち悪くなっても、調子にのって、限界までやり続けてしまったのです・・・)

さて、気になるところはエロへの応用です。
いまのところメジャーなところでイリュージョンのPLAYGIRLSというソフトがあります。
体験版が無料でDLできるので、さっそくやってみました。
結果・・・

いまいちです。
例えて言うと、目の前で3Dテレビをみている感じ。
なんとなく存在感を感じないのです。←あくまで個人的感想です。
触りたい・・・という気が湧いてきません。
体験版なので、製品版ではよくなってるかもしれません。

個人的にGOODだったのは、 ミク、グミ、そに子 が目の前で踊るやつ。(タイトル不明?)
これは、思わず手が出ました。存在感を感じます。

わかったのは、DK2を使えば、どんなゲームも没入感が出る・・・というわけではなく、やはり作り方によって、感じ方がまったく変わってくるということでした。
このへんにいろいろノウハウがありそうです。

今のところDK2対応のソフトを作るにはunityが簡単でよさそうな感じ。
しかし、unityは名前を知ってる程度の知識しかないので、本格的にやろうとすると、ずいぶん時間がかかりそう。。。
ただ、unityも無料で使えそうなので、近いうちに試してみたいです。

とまあ、あまり参考にならないレビューでしたが、いつかVRエロゲーを作るかもしれません。

PS
新作の絵師さんが、またも音信不通に・・・もうダメだなこりゃ・・・