長野県私鉄の歴史:草軽電気鉄道(wikiより引用)

草軽電気鉄道(くさかるでんきてつどう)とは長野県北佐久郡軽井沢町の新軽井沢駅と群馬県吾妻郡草津町の草津温泉駅を結ぶ鉄道路線(軽便鉄道)を運営していた鉄道事業者(廃止時は東急グループ傘下)。

300px-Kusatsu_Light_Railway_in_Taisho_era 鉄道事業廃止後も、会社は草軽交通というバス会社として残っている[1]。本項目では主に同社が運営していた鉄道路線について述べる。


草津温泉は古くより名湯として知られていたが、明治終わりの頃になっても交通機関が未発達であった。草軽電気鉄道はスイスの登山鉄道に着想を得て、草津と浅間山麓の高原地への輸送を目的に着工されることとなった。大正期の1914年 - 1926年に順次路線を開通させた。開業に際し、以下のような唄も作られている。

私や草津の鉄道よ 長い苦労の効あって 開通するのも近いうち 前途を祝して踊ろうよ
私や上州の草津町 浅間を右に高原の 海抜四千五百尺 お湯じゃ日本のオーソリティー
湯の花かおる草津には 春は緑に秋紅葉 冬はスキーに夏は避暑 浮世離れた理想郷

この間1923年に吾妻川電力が沿線5カ所の発電所建設による資材輸送の必要から鉄道を傘下[2]に収めると、同社の重役である河村隆実を社長に就任させ、社名変更、電化、草津温泉への延長、自動車兼営、電気事業など積極経営に乗り出し、そのための増資、社債発行をおこなった。

ちょうどそのころ法政大学学長の松室致は、自分の別荘が蒸気機関車の火の粉により火災にあい会社に抗議をしにおとずれたが、逆に説得され電化の事業に手を貸すようになった。そして松室から7.9万坪もの土地の寄付をうけることになりそれを元手に五百坪付の株式を売り出し130万円の増資に成功した[3]。

ところが予期に反して利用者はのびず、政府の補助金を受けても赤字は埋まらない状態が続いた。配当も途中から無配となり、ついには社債も債務不履行となった。結局1932年社債権者集会では利率の大幅引下げを決議することとなる[4]。その他償還日(1934年9月)の延長は何度もおこなわれ最終的には1945年9月まで支払猶予したという。

なお建設費用をできるだけ抑えようとしたため、急曲線やスイッチバックがいくつも存在し、山岳地帯を走るにもかかわらず、トンネルは存在しなかった。勾配がきついところではブレーキをかけるのが大変だったと言われてもいる。それに加え、本来道床に必要な砕石も敷かれない区間もあった。線路規格も極端に低いものであったことから、55.5kmを走破するのに2時間半から3時間を要した。

高原地には、嬬恋・北軽井沢等の途中駅があった。高原列車として親しまれ、1951年には日本初のカラー映画『カルメン故郷に帰る』にも登場し、当時の様子を知ることができる。しかし、1935年に渋川 - 草津間などに国鉄バスが運行開始され[5]、一般のバスの大型化が進むなど、草軽の輸送力は、他の輸送手段に比べてその差は歴然としており、乗客は次第に減少した。

さらに1945年に国鉄長野原線(現・JR吾妻線)の開通(長野原 - 草津温泉間は国鉄バスが旅客輸送を受けた)により利用者が国鉄側へシフト。さらに1947年に政府補助金制度も廃止され、度重なる台風災害は草軽創設以来、鉄道施設に最大の被害をもたらし、第一次廃線として1960年に新軽井沢 - 上州三原間が廃止。採算性もとれないと判断されていた上州三原 - 草津温泉間も1962年には廃止になった。

草軽電気鉄道は、観光に大きな功績を残しただけではなく、沿線町村の活性化にも重要な役割を果たした。物流の面でも、この小さな鉄道が大きな役割を持っていたのである。温泉地である草津町には食料を中心にした物資を運び、長野原町、六合村、嬬恋村の3町村から産出される農産物や、草津白根山周辺に点在した鉱山からの硫黄鉱石などが草軽電鉄によって輸送されたのである。そのため、定期列車は貨客混合列車が普通であった(貨物列車も設定されていた)。第二次世界大戦が終盤を迎える頃、草軽電鉄の輸送はピークに達した。その頃、硫黄の産出もピークを迎え、当時の硫黄鉱山を経営していた「帝国硫黄工業」と連携して、多量の硫黄鉱石が搬出され、戦争へ出てゆく兵士の出立なども草軽電鉄が使われることが多かった。

前述のように国鉄バスや国鉄長野原線の開業、台風災害による被害などでその役割を終えたが、沿線の町村に近代文明をもたらした存在であった。

サークル「銭さん家」は、コミックマーケット95で「12/29土曜日西地区 "ほ " 32b」に配置されました!

wa040 サークル「銭さん家」は、コミックマーケット95で

「土曜日西地区 "ほ " 32b」

に配置されました!

コミケWebカタログにてサークル情報ページ公開中です!

https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/14200206


よろしくお願いします。

愛車というとこれかな~

モハ5370系+クハ250系
5370系というともと小田急車と言われているけど、それはボデイだけ
動力部は元信濃鉄道(現在の大糸線)の木造車
鋼体化改造されて17m車になった
別所線では大型でラッシュ時には相当重宝したらしい
3両編成が簡易CTC化で不可能になり2両運転の際には
15m車のクハ250ろ相棒になってた
5250系が17m車の270系と組んでいたのは双方のバランスを取るためかも
後に老朽化で250系270系も淘汰されて、元青カエルから平面カエルになった290系と組んでいたのも懐かしいできごとです


【駅探訪外伝】昭和49年冬の別所線始発電車
昭和48年冬の別所線始発電車の8mmフイルムからおこしました。当時の上田駅前、別所線上田駅、三好町駅から赤坂上駅まで雪の中の始発電車です.、車両は5270系単行です。始発のため上田原始発の電車に乗務予定の運転手、車掌も乗務しています
テロップ間違ってました左に見える三好町ではなく右に見えるです



お気に召しましたらチャンネル登録もお願いします
https://www.youtube.com/channel/UC2BKmJ8LSO-bLmppnQlfWdQ

【前面展望】観光循環バスぐるりん上田丸号前編(木町→上田駅)

【前面展望】観光循環バスぐるりん上田丸号前編(木町→上田駅)
バスの戦闘座席が横ロングシートのため手持ちでしか取れませんでした
旧街道の観光地である柳町最寄バス停木町から上田駅までです。のこりは後編でご覧ください

夕日に映える上田電鉄6000系中塩田駅

夕日に映える上田電鉄6000系中塩田駅 中塩田駅にて撮影中ちょうど来ました。赤い電車に夕日は良く似合いますね。子供の声がうるさいかもしれませんが チャンネル登録お願いします

【駅探訪4K】上田電鉄6000系さなだドリーム号前面展望

初の4Kカメラによるさなだドリーム号6000系の前面展望です。日曜日ということですごく混んでました。カーブが多い区間では空ばかりうつってしまっってます。真田丸号亡き後さなだドリーム号が名定まるの記憶を残してくれています。6000系は初ですが、正面窓が狭い、窓付近に箱があってかなり邪魔でした。アナウンスが1000系などとは違います
千曲川橋梁のシーンはさすがに綺麗です




お気に召しましたらチャンネル登録もお願いしますhttps://www.youtube.com/user/obasan3594
お勧め鉄道リンク
作品一覧
サークルプロフィール
タグクラウド
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog